インターネット用語集/IT用語集 初心者 @よろずや辞典

IT用語・インターネット用語を初心者や子供でも分かる簡単な言葉で解説!初めてのインターネット用語集/IT用語集

ちょこちょことやっていきますので、長~い目で見守ってください。「インターネット用語集/IT用語集」にコレを追加してほしいっていうリクエストがある方はお気軽にコメントくださいね~

サ行

ステマとは? 意味 ステルスマーケティング

ステマとは? 意味 解説

ステルスマーケティング(Stealth Marketing)

ステマ」とは「ステルスマーケティング」の略語。

一般消費者になりすまして宣伝行為をすること。

レーダーに映らない「ステルス戦闘機」になぞらえてこう呼ばれている。

まあ、簡単に言っちゃうと「サクラ」「やらせ」だね。

ここ最近、話題になっている「2ちゃんねるステマ騒動」や「食べログ ステマ問題」なんかで急に注目を集め始めた感があるけど、この手法は昔からあるよね。

わかりやすいところだと、飲食店などで流行っているかのように見せるために、サクラを使って行列を作るなんてのは有名だね。

ネットだと、「mixi」などのSNSや「YAHOO!知恵袋」「教えて!goo」などのQ&Aサイトでも行われているみだいだけど、なれてる人じゃないと見分けが難しいよね。



▼応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログ王でアクセスアップ!

スマホとは? スマートフォン Smart Phone4

スマホ スマートフォン

「Smart Phone」。直訳すると、「賢い電話」。略して「スマホ」とも呼ぶ。(スマフォじゃないんだ・・)
電話もかけられる、タッチパネル式小型パソコン。
アップル社の「iPhoneアイフォーン)」のほか、Googleが提供するスマートフォン用OS「Androidアンドロイド)」やマイクロソフト社の「Windows」を搭載した機器も発売され、全世界で急速にシェアが広まっている。

そうなんです、スマートフォンは、携帯電話ではなく、もはやパソコンなんです!
スマートフォンを使ってまず感じたことは、いままでの携帯電話とは全く違う! ということ。
何か時代の変革期を予感させられる機器に出会った感じ。初めてパソコンでインターネットを見たときの、あのワクワクした感覚に似ている。

【関連IT用語】 ガラケー iPhone Android


▼応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログ王でアクセスアップ!

▼おすすめリンク
かおもじてへぺろドヤ顔変顔
てへぺろ意味てへぺろ動画
顔文字ツイッター用語
内職在宅ワークプチ稼ぎ
デコ内職デコ電 内職デコ資格
建築模型住宅模型 資格
インターネット用語ステマ意味
資格ペット資格食育資格
うさぎ日記うさぎ画像


検索エンジン/サーチエンジンとは?

【検索エンジン/サーチエンジン】

全世界のいろいろなホームページをキーワードなどで検索できる技術。またはその技術を使って検索できるサービスを提供するwebサイト。検索サイトともいう。

▼日本でよく使われている検索サイト
 ・Yahoo! JAPAN
 ・Google
 ・MSN Japan
 ・goo

以前は、各サイト独自の検索エンジンを開発・使用していたが、現在は「Yahoo! JAPAN」をはじめ「Google」のエンジンを使う検索サイトも多い。(2011年9月現在)

【関連ワード】SEO


もっとくわしく~という方は下をみて
検索エンジンとは? wiki


サーチエンジ最適化とは?

【サーチエンジン最適化(SEO)】

SEO(Search Engine Optimizationの略)ともいう。
Googleなどのサーチエンジンで自分のwebサイトやブログが特定のキーワードで上位表示されるように工夫すること。

たとえば、GoogleやYAHOO!で「インターネット用語集」というキーワードで検索してごらん。
・・・・・
このブログはどこにも出てこないでしょ?。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
これからこのブログにいろいろな対策をして、1ページ目に出てくるようにすること、それが「SEO」なのだ。

具体的な対策は、それだけで1冊の本になってしまうくらいの分量なんで、また、別のブログで紹介する予定。


もっとくわしく!という人は下を見てね
サーチエンジン最適化とは? Wiki

成果報酬型広告とは?

【成果報酬型広告(せいかほうしゅうがたこうこく)/アフィリエイト/Affiliate】

インターネット広告の手法の1つ。

▼アフィリエイトのしくみ
(A)広告を出して商品をアピールしたい人(広告主)
(B)広告を載せてお金をもらいたい人(媒体)
通常は、A→Bの流れだが、アフィリエイト広告では、ここにもう1つ
(C)Aの要望とBの要望をまとめる人
いわゆるアフィリエイトサービスブロバイダ(ASP)という業者が入るのが一般的。
AはCにあらかじめ広告素材(バナー・テキスト・メール)をあずけて、成果報酬のルールを設定する。
たとえば、クリックされたら何円とか、会員登録で何円とか、商品が売れたら何円とか・・
BはCと契約すればCに登録されている広告を自分のサイトへ掲載できるようになり、広告収益を得られるようになる。

▼広告主(A)から見たアフィリエイト
会社が広告を出す場合、媒体(ヤフーや朝日新聞など)へあらかじめ決められたお金を払って広告を載せてもらうのが一般的。
たとえば、広告費100万円で掲載したのに、1万円の商品が10個しか売れなかった場合でも100万円払わなくてはなならい。
それに対し「アフィリエイト広告」はその効果によって、広告費が変動するのだ。
たとえば、「1万円の商品が1個売れたら3千円払いますよ」という約束を事前にしておけば、10個しか売れなかった場合でも広告費はたったの3万円だけですむ。
広告主にとっては絶対に失敗しない、夢のような広告手法なのだ!
しかし、しか~しだ。もし仮に1000個売れちゃった場合はどうだ?そう、広告費が300万円となり、通常広告のほうがよかったということにもなりかねないので要注意だ!
まあ、めったにないけどね・・・

▼媒体(B)から見たアフィリエイト
さて、ここからが本題だが、なぜアフィリエイト広告がここまで話題になっているのか?
それは個人の三文ブログ(失礼!)でも、媒体として企業の広告バナーを掲載でき、そこから収益を得ることができる、という点。自分のホームページやブログがお小遣い稼ぎになるかも!?という下心がアフィリエイト広告の最大の魅力である。

▼アフィリエイト、内職、在宅ワーク情報はこちら
アフィリエイト講座
在宅ワーク・内職
プチ稼ぎ・副業


▼応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログ王でアクセスアップ!

▼アクセスアップを目指すなら
JUGEM PLUS

IT用語集アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

インターネット用語集 携帯
QRコード
  • ライブドアブログ